プロフィール

岡山県浅口市の山の上にある岡山天文博物館のスタッフブログです。

staff

Author:staff
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスカウンタ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

京都大学3.8m望遠鏡の展示が続々登場!
遅ればせながら、あけましておめでとうございます!本年もどうぞよろしくお願いします。

さて新年がスタートし、博物館の展示もちょっとリニューアル。京都大学3.8m望遠鏡関連の展示も増えて賑やかになってきました。その第一弾がこちら「京都大学3.8m望遠鏡 ミニチュア模型&ARアプリ」です。
精巧につくられた20分の1サイズの模型は、鏡の大きさや望遠鏡の構造がとても良くわかってすごい!
さらに、模型にスマートフォンやタブレットをかざすと、なんと完成予想図の3D映像が登場!実際に、タッチ操作で望遠鏡を動かすこともできるんです。

このアプリ、iOS版/Android版、両方とも配布がスタートしました!ぜひご来館の際は、お手持ちのスマートフォンにアプリをインストールして遊びに来て下さいね。

■「京都大学3.8m望遠鏡 ARアプリ」の詳しい情報は博物館HPへ
(無料でダウンロードできます)
http://ww1.city.asakuchi.okayama.jp/museum/

AR2
ミニチュア模型はまるで本物のよう!そしてその前にタブレットをかざすと・・・ おお、ドームが登場!

AR1
タッチ操作で望遠鏡を動かすこともできます!

AR3
子供たちは大喜び!

AR4
博物館玄関前のドーム完成予定地にかざすと、まるで本物のドームが建っているように見えて迫力満点!ぜひ博物館で体感してください。

■「京都大学3.8m望遠鏡 ARアプリ」とは?
天文台のまち・岡山県浅口市に新たに建設がすすめられている京都大学3.8m望遠鏡の最新情報や完成予想図などを立体視できるアプリです.
AR(拡張現実:Augmented Reality)技術等を活用し,京都大学3.8m望遠鏡の本ドーム建設予定地や, 岡山天文博物館展示室の望遠鏡ミニチュア模型にスマートフォン等をかざすと,画面にドームおよび望遠鏡が映り, ユーザー自身でその望遠鏡映像を自由に動かすことができます. また望遠鏡に関する説明や将来の研究目標など,最新情報も閲覧できます.

<対応端末>
「京都大学3.8m望遠鏡 ARアプリ」は,iOS,Android,両OSに対応したアプリケーションです.「App Store」「Google Playストア」から無料でダウンロードできます. 「京都大学」または「京都大学3.8m望遠鏡」で検索してください.

 ・ iOS端末:iOS8.0以降の iPhone,iPad および iPod touch
 ・ Android端末:Android OS バージョン 4.2 以降

※ ARによる映像は,ご自宅など博物館以外の場所では,サンプル版をご覧いただけます.
関連記事
スポンサーサイト
【2016/01/07 18:27】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<きれいなハロが見えました! | ホーム | オリジナルキャラクターのデザイン募集中!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://oam50.blog89.fc2.com/tb.php/303-82af8f76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |